So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

室伏 JOC 選挙違反 [室伏 JOC 選挙違反]

室伏 JOC 選挙違反 が気になる理由は?

2012-08-14_122743.png2012-08-14_123037.png

13日、日本オリンピック委員会(JOC)は、国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙において、室伏広治選手に規定違反の選挙活動があったと言う事で、IOCに当選を取り消された問題について、この決定を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する方針を表明しています。

室伏広治選手はロンドン2012オリンピック・男子ハンマー投げ銅メダリストになり日本を代表するトップアスリートです。


IOCは、室伏広治選手が選手村の食堂で選挙活動を行ったり、選挙活動のための配布物(携帯ストラップ)が見つかったり、選挙ポスターを貼付したなどと指摘しています。


11日、日本オリンピック委員会(JOC)は
違反に当たる活動はしていない」と反論し、IOCに対し強く説明を求める文書を求めています。

JOCの竹田恒和会長は「室伏選手を信じているので、最後までサポートしたい」とコメントしています。


IOC理事会は12日朝、新選手委員4人のIOC委員への選出延期を決めています。
ロゲIOC会長は記者会見を開き「抗議を受けたため、選出を凍結を決定した。自分としては規定への違反があったと考える。抗議への対応が終わった後、選出承認を郵便投票で行う」とコメントしています。


いろいろ情報が飛び交っていますが、個人的な意見ですが室伏広治選手が選挙活動を少し頑張りすぎた?のかなぁと。携帯ストラップの配布はまずかったのではないでしょうか?
ただ、オリンンピック招致について愛国心からの事なので、室伏広治選手ばかり責められないと思います。選手としてだけでも大変だったわけですから回りがちゃんとサポートしなければならなかったのではないでしょうか?



オリンピックビジネスも様変わりしています。
★オリンピックと商業主義 ★



竹島問題 サッカー 朴鍾佑 パクジョンウ [竹島問題 サッカー 朴鍾佑 パクジョンウ]

竹島問題 サッカー 朴鍾佑 パクジョンウ が気になる理由は?

2012-08-14_060944.png2012-08-14_061011.png


竹島問題に続報です。

13日、 ロンドン2012オリンピック・サッカー男子の3位決定戦終了後に、韓国代表朴鍾佑選手が
「独島(竹島)は我々の領土」を主張する政治的メッセージを民衆の目に掲げた問題で、日本サッカー協会の大仁(だいに)邦弥会長は謝罪と再発防止を徹底させる内容を記載した韓国サッカー協会長名の文書を受け取ったというのです。

韓国サッカー協会 も世界の受け止め方を理解して、このような行動をとったのでしょう。

韓国代表朴鍾佑選手が「独島(竹島)は我々の領土」を主張する政治的メッセージを民衆の目に掲げたのは、明らかに間違いだったわけです。


韓国協会が送った謝罪文書には、

申し訳なかった。二度とこういうことが起こらないように徹底する

という内容だったといいます。

代表選手は、ある意味国の代表であるわけです。国の代表なら日韓の温度差や現状を理解しなければなりません。あれは韓国での竹島問題に関する教育を世界中に訴えたのです。


そもそも竹島は日本固有の領土であることに変わりありません。それなのに1950年から韓国は」実効支配を続けているのです。



12日には国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長が、韓国代表朴鍾佑選手の銅メダルを保留し、国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会の決定を待って処分を決めると明言しています。

日本サッカー協会の大仁会長も

「五輪の場で起こったのは残念だが、当面はIOCとFIFAに任せたい」

と慎重に答えています。

この問題についてはFIFAが関係者に事情聴取して9月中旬に対応を決めることなったみたいですよ。


韓国代表朴鍾佑選手は銅メダル授与の表彰式へ出席できなかったわけですが、当然です。
自分でしたことの責任は自分でしなければなりません。

仮にも世界最高のスポーツの祭典で、五輪憲章に抵触したことを行ったわけですから、その影響力は大変なものなわけですから。




それでも日本女性は韓国芸能人にあこがれを持つのでしょうか
★韓国芸能界裏物語★

さまよう刃 地上波 [さまよう刃 地上波]

さまよう刃  地上波 が気になるワケは?

2012-08-12_174912.png

8月12日(日)8月12日(日曜)の午後9:00~午後11:10

テレビ朝日系列 『日曜洋画劇場』 に特別企画として 『さまよう刃』 が地上波初登場します!
通常の時間より延長となってますね。


さまよう刃」がテレビにて放映されます。

原作は東野圭吾さんです。誰もが知る大人気作家です。

ドラマ化、映画化も後を立ちませんね。



東野圭吾さんは、時代に沿ったドラマがスピード感あり、心理描写に共感させられますね。

万人受けする人気の理由でしょうか。

小説版と映画版は、少し色が違いますが、映画の方も映画で味があります。


主人公の寺尾聰の演技が絶妙です。



《主要な登場人物》

○長峰重樹(寺尾聰) : 被害者長峰絵摩の父親で、会社員。かつて射撃に熱中していたが、長年半導体メーカーでICの設計に携わってきたためドライアイを患い、競技に支障を来すようになり引退。
娘の復讐のため、射撃で使用していたレミントンを携え、菅野快児の行方を追う。
伴崎から長野県内のペンションに逃げたと聞き、変装し「吉川武雄」の名でペンション『クレセント』に滞在する。


○長峰絵摩(伊東遥) :犯人である敦也・快児の中学の同級生。長峰の一人娘。15歳、高校1年生。10歳の時              に母親を亡くして以来父子家庭。
              花火大会の帰路、快児ら少年グループに襲われ死亡する。

○中井誠(佐藤貴広) : 敦也・快児とは中学の同級生で、高校も同時期に辞めて以来頻繁に連んでいる。
裏切りのリンチに遭うよりは、と思い、車を貸すなど協力してしまい、事件発覚後には、強要されてアリバイ作りをしたものの、警察の捜査に怯えて快児と敦也が犯人であると密告電話をかける。

○伴崎 敦也      :犯人の少年

○菅野快児(岡田亮輔) : 主犯格の少年。

○織部孝史(竹野内豊) : 警視庁捜査一課の刑事。

○真野信一(伊東四朗) : ベテラン刑事。通称・マーさん。


《あらすじ》 ネタバレになります。
知りたくない方は読み飛ばして下さい。

会社員の長峰は、つまをなくして依頼父子家庭で娘と暮らしてきた。
そんなさなか、突然の事件で大切な一人娘を失ってしまう。
悲しみに暮れる長峰にある日、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。
電話で言われたアパートへ向かった長峰は、犯人の一人である少年を殺害する。
かけがえのない一人娘を殺した少年達は、少年法により、犯した罪と同等の刑を受けることなく社会に出て来てしまう。

「我が国の法律では未成年者に極刑は望めない!」
復讐が何も解決しない虚しい行為だと理解しながら、長峰は自らもう一人の犯人を追跡する。

少年犯罪被害者の行き場のない悲痛の叫び、真実とは何か。正義とは何か。犯罪者は正当に裁かれなければならないのではないか?

孤独な長峰の心の拠り所はどこにあるのか?





zip zippei 声帯 [zip zippei 声帯]

zip zippei 声帯 が気になるわけは?

2012-08-10_185459.png
2012-08-10_185534.png
2012-08-10_185623.png
2012-08-10_190102.png


2頭は「スマイルキャラバン」コーナーの顔として全国を回り、各地で人々とふれあう様子が人気となっている。

日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP」(月~金曜あさ5時50分)で人気の旅犬「ZIPPEI」(じっぺい)兄弟が、声帯除去の手術を受けていたという書き込みがありました。


吠えるしぐさがあるのに、鳴き声がほとんど聞こえないことから、ネットや日本動物愛護協会あてにメールが届き、、愛犬家の間で

「声帯を除去されているのではないか」という指摘が殺到しいるようです。これについて、日テレは声帯除去手術を受けていることを認めたうえで説明しています。

「手術を受けたのは、昨年(2011年)5月に番組出演前で、声帯除去手術と番組起用の条件には関係がありません。」


声帯除去手術はムダ吠えに悩む飼い主が受けさせるアメリカでは広く行われている手法のようです。
声帯を縮めて鳴き声を小さくしたり、声を出さなくする手術で、吠えなくなるわけではありません。

犬はかすれたヒューヒューという声で吠え続けます。日本の愛犬家には「かわいそう」「不自然だ」という飼い主が多くあまり行われない様です。


そんな兄弟犬に訃報がありました!!


兄弟犬「ZIPPEI」死ぬ…エアコン切れた車内で熱中症か?


大人気のモーニングテレビ
日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜前5・50)

そのなかでもシンガーソングライターのダイスケさんと2匹のサモエドの兄弟犬ZIPPEI(じっぺい)が全国を旅する

『スマイルキャラバン』は人気のコーナーとして有名ですよね。いろんなイベントにZIPPEIトチャレンジする様子がとてもかわいらしかったのです。


この番組の1コーナー「ZIPPEIスマイルキャラバン」で、約1年3カ月に渡って全国を旅してきた看板犬「ZIPPEI」兄弟が、9日夕方に死亡していたことが報道されました。


 番組の説明では、ZIPPEI兄弟の飼い主が9日、外出先で日陰の駐車場に車を停車し、要件をこなすためエアコンをつけた状態で車を離れました。

1時間~1時間半して、車に戻ると、なぜかエアコンが切れ、車内にいた9頭はぐったりした状態。

すぐに、懸命に介抱したが、ZIPPEI兄弟を含む7頭が息を引き取ったといます。死因は熱中症とみられています。


ロシア・シベリアが原産地のサモエド犬のZIPPEI兄弟は今年で4歳で、2週間に4日ほど旅に出ていましたが、それ以外の時間は他の犬たちと共に飼い主に育てられていました。

飼い主も今回の事故に大変なショックを受けているといわれています。


 司会を務めるメインキャスター関根麻里(27)は

「突然の出来事にまだ気持ちの整理がつかない」
「今まで私たちに毎朝笑顔を届けてくれたZIPPEIたちに感謝の気持ちを伝えたいで す」

と涙ぐみながら、言葉を絞り出した。本当に悲しい出来事でした。





吉田沙保里 結婚 [吉田沙保里 結婚]

吉田沙保里 結婚 が気になりますよね。

2012-08-10_065126.png2012-08-10_065050.png

吉田沙保里選手は、現時点で、世界で一番有名なレスリング選手ではないでしょうか。

実は、吉田沙保里選手は結婚願望が強いみたいなんです。意外ですが・・年齢的にも適齢期ですし自然といえば自然なんですよね。

世界の吉田 ばかりみているので、普通の女性としての目線で見ていないのかもしれません。

そして、この結婚願望に内心ドキドキしているのは日本代表・栄和人監督。

「ロンドンで五輪3連覇という大きな夢がある。その秋の世界選手権で(世界大会)13連覇もかかっているし」
「その後の2年間で(結婚を)決めろ。結婚、出産してリオ五輪やるって感じで」

吉田沙保里選手結婚に大人の事情が絡んでいたりします。それだけ吉田沙保里選手はプライベートを犠牲にしてレスリングにかけてきたんだなぁと、アスリートとしてリスペクトしなければいけない日本人の1人なんだと感じるわけです。

でも、吉田沙保里選手はNEWSの増田貴久の大ファンだったりするわけで、理想はそうだと思いますが、それだと気後れして吉田沙保里選手に男性陣は声をかけにくい気はしますよね。

『人類最強の妻』確定なので、家族はみんな守ってもらえると思いますが・・。



そんな吉田沙保里選手のオリンピック3連覇をかけた日本中が注目する戦いです。


吉田沙保里選手が金メダル オリンピック3連覇の偉業を達成!!!

今年5月のワールドカップで敗れ涙したロシアの選手に準決勝で対戦し、勝利したことに対して、

“負けを知ってまた強くなれた”

「リベンジを果たして最高にうれしかったですが、決勝が残っていたので気を抜かないようにしました。本当にこの4年間いろいろなことがあって、負けを知ってまた強くなれたかなと思います」

と自分に言い聞かせるように話していました。

レスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手は三重県出身の29歳。
誰もが知る人気と実力を兼ね揃えた最強の女子アスリートです。

オリンピックという大舞台で3大会連続の金メダルを獲得した吉田沙保里選手は

「最高の舞台で、最高の形で終わることができて幸せです。日本の皆さんの応援が胸に響いていたので、絶対に負けてはいけないと思っていました」

と心境を述べていました。


ロンドンオリンピック、レスリングの女子55キロ級決勝で、吉田沙保里選手がカナダの選手に終始試合を支配して競り勝ち、3大会連続で金メダルをきめました。

日本の女子選手のオリンピック3連覇は、63キロ級の伊調馨選手に続き、全競技を通じて史上2人目です。日本には、そんな怪物アスリートが二人もいるんですよね。


ロンドンでの3連覇は男子130キロ級の伝説の超人アレクサンドル・カレリン(ロシア)だけが成し遂げたオリンピック・世界選手権での12連覇に並びました。もはや吉田沙保里選手も伝説となるわけです。


離れた距離から飛び込む高速タックルで世界を制し、2002年の世界選手権で初優勝。その後も世界選手権で優勝を重ねると同時にオリンピックでも2004年のアテネ大会、2008年の北京大会で金メダルを連覇して、文字通り世界の頂点に君臨し続けてきました。

しかし、去年の世界選手権の決勝でカナダの選手を相手に高速タックルをかわされ、大苦戦し、この試合を教訓に相手と接近する戦い方にも取り組みましたが、ことし5月のワールドカップでおよそ4年ぶりに敗れ連勝が、止まりました。世界中のアスリートが吉田沙保里選手を徹底的に研究しマークしているのです。

このため、吉田選手は再び得意技の高速タックルにさらに磨きをかけ、技の応用を研究し3回目のオリンピックに臨んでいました。




同じオリンピックメダリストにも、いろんな裏舞台があったりします。
「メダリスト」スキャンダル事件簿 《詳細はこちら》★★


前の5件 | -
Copyright © トレンドニュースのもりもり All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。