So-net無料ブログ作成
検索選択

バドミントン 無気力試合 動画 ユーチューブ [バドミントン 無気力試合 動画 ユーチューブ]

2012-08-03_171428.png

バドミントン 無気力試合 動画 ユーチューブ の詳細について

バドミントン 無気力試合 動画 ユーチューブ話題になる理由は?

ロンドン2012オリンピックでオリンピック精神とは著しくかけ離れた珍事が起こっています。

それが『無気力試合』です。

無気力試合とは、故意に相手に対して勝負を放棄する好意を繰り返すこと。簡単にいうと自ら負け試合に持ち込むというものです。


バドミントンで無気力試合



なんのためにこんにこんな好意を繰り返したかと言うと、

ロンドン2012オリンピック、バトミントン女子ダブルス1次リーグの順位を操作して対戦相手を有利にしようとした疑いです。中国韓国ともに2チームがエントリーしていて、自国との星のつぶし合いを避けたかったという思惑もあるわけです。


とはいえ、そんな理由が通る訳もなく、


結果として世界バドミントン連盟は、これら無気力試合をして準々決勝に勝ち上がった中国、インドネシア、そして韓国2組の合計4ペア、計8人の選手を失格処分にしました

今後のオリンピック競技を考えると妥当な判断だと言えます。

4年に1度のチャンスを手段を選ばずものにしたいという、勝負に徹底的にこだわるという気持ちは十分理解出来ますが、それにしてもオリンピック競技のバトミントンの最高峰の試合を楽しみたいという観覧者や視聴者の気持ちは一切無視した行為にとれます。


そもそもアスリートは自分を鍛え、技を磨き全力でぶつかり合う事が人々に感動を与え、尊敬されるわけです。


確かにこの絵は崇高なオリンピック競技の精神とはあまりにかけ離れている映像です。実際に目にした時は目を疑いました。

オリンピックがビジネスとして、メディアも選手も巻き込んで大きくなってしまった結果です。失格になった選手も死に物狂いで練習にあけくれ、代表入りをし、母国の期待を背負っていた事でしょう。

そんなアスリートの想いはどうなってしまうのでしょう。


相次いだ強豪チームの失格により、
我らが日本の藤井瑞希、垣岩令佳ペアが決勝選へ進出しました。。

失格した4組の枠には、繰り上げでロシア、カナダ、オーストラリア、南アフリカのペアが進出したようです。

予想もしない形からバトミントン女子日本代表に金メダルのチャンスが舞い込んできました。

後味の悪い無気力試合を払拭するようなバトミントン女子日本代表の全力プレーで金メダルをとるシーンが見たいものです。


注目の
決勝戦の日程・時間は、

2012年8月4日(土)、日本時間で23:45頃。


金メダル獲得への最後の試合です。是非応援して下さい。



いろんな裏舞台があります。時にはこんなことも起こってしまう。
「メダリスト」スキャンダル事件簿 《詳細はこちら》★★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © トレンドニュースのもりもり All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。