So-net無料ブログ作成
検索選択

室伏広治 伝説 [室伏広治 伝説]

2012-08-06_185001.png


室伏広治 伝説 とは何か?

室伏広治 伝説 の詳細について



室伏広治はロンドン2012オリンピック・男子ハンマー投げで、2004年アテネ大会以来となる8年ぶりとなるメダルを決めました。結果は78メートル71で銅メダルに輝きました。

 
 おそらく金メダルへの最後のチャンスとなるハンマー投げで、記録が伸びず、苦しみましたが、最後まで室伏宏治の投擲を決めました。

 最後までハンガリーのライバルのクリスティアン・パルシュの記録した80メートル59をとらえる事が出来ず、、3投目に記録した今シーズン自己最高の78メートル71で2大会ぶりの表彰台に上っています。

競技を終えた室伏宏治は、

「目標のメダルを取ることができて良かった。チーム室伏で一丸となって取り組んできた成果。メダルの色はともかく、やってきたことに満足感がある」

とコメントとしました。

2004年アテネオリンピックでは、優勝者のドーピング違反により、繰り上がりの金に輝いたのは記憶に新しい所ですね。

また、前回の北京オリンピックでも、また違反者が出て一度は3位に順位変更となりましたが、結局は当初の5位に逆戻りしたという経験がある。

確かに、過去2大会は釈然としない結果だっただけに、“鉄人室伏”は「生身の体で勝負し、自分の限界を超えたい」と、おそらく最後のロンドンにかけていました。


正直、37歳と言う年齢は肉体の衰えは否めませんが、

練習拠点の米国で3年前に理学療法士やトレーナーからなる「チーム室伏」を結成して徹底したトレーニングを続けてきました。

創意工夫されたトレーニングや、新たな挑戦を続け、

「太ももや背筋など大きな筋肉に頼るのでなく、全身の筋肉をバランスよく使える」

赤ちゃんの「ハイハイ」の動きを取り入れたストレッチなどを実践して話題に。


常識を越えた伝説の男、室伏宏治は練習量は約5分の1にしたが、いろいろ工夫を施してきました。


(書き込みより引用)まとめ

≪室伏広治 伝説≫の記録
 
2004年 アテネオリンピック ハンマー投げ 金メダル
2006年 ワールドアスレチックファイナル ハンマー投げ 金メダル
2011年 世界陸上競技選手権 ハンマー投げ 金メダル
2012年 ロンドンアテネオリンピック ハンマー投げ 銅メダル


≪室伏広治 伝説≫おそるべき身体能力


・身長:187cm

・体重:99kg

・握力:針が振り切れて計測不能で120kg以上(成人男性平均50kg)

・100m:10秒台で走り抜ける

・立幅跳:3m60cm以上 ※六畳間の長い方を飛び越えます

・立ち幅跳び360cm
 公式の世界記録はレイ・ユーリーの記録した347cm。

・30m走は3秒79

・立三段跳10m10

・立五段跳17m06

・経験の無い槍投げを本番前に小石を数回投げてコツをつかみ、グッと投げたら圧倒的記 録を出してその大会で2位に入賞し、友人の照英は3位。これにより照英は競技を諦め る。

・本職のハンマー投げでも日本ジュニア記録の68m

長野オリンピック前に気まぐれでボブスレー&リュージュ連盟が行った運動能力テスト に参加。スバ抜けた成績で日本代表候補に当然のように選ばれるが当然辞退し、連盟を ぬか喜びさせる。

・日本陸上競技連盟が行っている格付けでSクラス(最高位)に認定

・日本選手権では17連勝し、国内無敵を証明

・日米野球の始球式では軽く投げて129km/hを計測し、プロ野球選手のプライドを傷つけ る

・翌年の横浜-巨人戦でも始球式を行いど真ん中に131km/hを計測した。たいした練習もせ ず高速ストレート。普通に野球をしていたら恐ろしい。

・ウォームアップも無しに初めて握ったハンドグリッパーのCOC/No.3をクラッシュ(ちな みにクラッシュに必要な握力約127kg)

・指先をバーを引っかけただけの状態で地面にある重さ190kgのバーベルを引き上げて肩 にのせることが出来る



≪室伏広治 伝説≫TVシリーズ

・2002年にTBS系列放送のスポーツマンNo.1決定戦では
 余裕の総合No.1

・重さ10kgの樽を上に放り投げるガロンスローでは8m25の世界記録を笑顔で到達

・スピード系競技のビーチフラッグスでは、他の参加者が全力疾走してフラッグに飛びつ く中、飛びつきもせず空気も読まずの優勝。

・ショットガンタッチでは12m90を記録

・パワーフォースでは仁王立ちで圧倒し、これもNo.1

・タッグオブウォーでも対戦者がパワー系アスリートなのに決勝まで全員秒殺

・モンスターボックスでは踏み切りタイミングが失敗したのに18段越え

・この様に他の元アスリートタレント等の存在理由を滅殺し、別次元の身体能力を発揮し たため、以後、番組が構成が成立しなくなることを恐れた局側から参加禁止となる

・室伏はあくまで《ゲーム》として参加していた



≪室伏広治 伝説≫のプロフィール

・陸上・投擲種目で金メダルを取ったのはアジア史上初

・紫綬褒章受章

・フルネームは 室伏アレクサンダー広治

・父は【アジアの鉄人】母【槍投げのルーマニアオリンピック代表】のハーフ

 父・母・妹は全員オリンピック選手
「父」 室伏重信 : ハンマー投げ 元日本記録保持者 元祖アジアの鉄人
「母」 セラフィナ・モリッツ : オリンピック やり投げ ルーマニア代表
「妹」 室伏由佳 : アテネオリンピック ハンマー投げ代表

・約7kgのハンマーを84m以上ぶん投げる超人である

・スポーツ研究者

・中京大学准教授
 学位は博士 (体育学)

・アテネオリンピック&世界選手権金メダリスト

・漫画家の さいとう・たか をはゴルゴ13を実写映画化するなら、デューク東郷は室伏 以外にいないと断言させる。

・2006年、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2006」に黒木瞳ととも選ばれた

・ヌード写真集を出している

・アロマキャンドルをプロデュースしている

・さわやかヘアスタイル大賞に選ばれている
全国理容連合主催

・ ハンマー投げの話をしだすと途中で宇宙の話になる
  昭英に熱く語るらしい という噂。

ピアノがうまい

(引用はここまで)




オリンピックメダリストにも、いろんな裏舞台があります。
「メダリスト」スキャンダル事件簿 《詳細はこちら》★★





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © トレンドニュースのもりもり All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。